8年目のClassic長財布
こんにちはWeb担当のtadashiです。気がつけばDURAMが始まってから、おかげさまで10年目になりました。本当にありがとうございます。

2007年から改良を加えながらずっと作り続けているClassic長財布も、今年で8年目になりました。手縫いのステッチや機能性にこだわったデザインなど、一番DURAMらしい商品かなぁと勝手に思っています。隠しポケット(?)があったり、コインポケットが取り出しやすかったり、機能が盛り沢山ですが、Online Storeでご紹介できなかった部分もあるので、この機会に写真付きで詳しくご紹介させていただきます!

洒落た切り込み付きカードポケットがお出迎え – 第一のポケット

革財布のカードポケット 札入れ 革財布ハンドメイドのロゴ
マチが付いた大きく開くポケット。一万円札も余裕で入ります。2つのカードポケットは取り出しやすいよう切り込みが入っているので、よく使うカードを入れておくのがオススメです。ポケットの内側にはDURAM FACTORYによるハンドメイドであることを記したロゴがスタンプされています。

パカっと開いて爽快。マチ付きコインポケット – 第二のポケット

革財布ファスナー マチ付き小銭いれ
プルタブ付きで開きやすいコインポケット。大容量ですがマチが付いているので、パカっと大きく開きます。小銭がさっと見渡せて爽快です。

iPhoneが入る?!実際に入れるかどうかはあなた次第です – 第三のポケット

お札入れ 4つのカードポケット 携帯が入ります
4つのカードポケットがある3つ目のポケット。もちろん1万円札は折らずに入ります。ちょっと大きいと噂のiPhone6も余裕で入ります。

レシート入れに便利 – 隠しポケット(?)

レシート入れ 第三のポケットの裏にも実はポケットがあります。あまり隠れていませんが、便宜上、隠しポケットと呼んでいます。一万円札はちょっとはみ出てしまいますが、レシートや名刺、ポイントカードなどを入れておくのに重宝しそうです。


ポケットがいっぱいのClassic長財布。これさえあれば、何もいらないくらいの大容量です。しかし何より、全て手縫いで作っているのがこの財布の一番の特徴です。手仕事の温かみを感じて頂けたらと思います。

Online Storeでお取り扱いしています。くわしくは”こちら“!