革について
革について

Duram Factoryで使われている革についての情報を集めました。
革について知ると、使うのがもっと楽しくなりますよ。

「皮」から「革」へ

牛革や豚革、鹿革など、革にもいろいろな種類がありますが、採れる動物の種類だけでなく、どのような方法で鞣すかによっても違いがあるのをご存知ですか?

鞣す(なめす)というのは「皮」から「革」へと加工すること。食肉の副産物として採れる「皮」のままでは、すぐに腐ってしまい、使い物になりません。それを道具として使える「革」に加工する工程のことです。昔は煙でいぶしたり、樹液につけたり、噛んだり(!)していたそうです。

cow-image
↓
植物イメージ

植物のチカラで鞣す革

一番多く目にするのはクロム鞣しの革です。三価クロム塩などの化学薬品を使い効率的に革を鞣すことができます。非常に発色がよく、柔軟性があります。
しかしDuram Factoryでは、あえて植物性タンニン鞣しの革を使っています。ミモザなどの植物から採れるタンニンを使った方法です。昔ながらの方法で手間と時間がかかりますが、革のナチュラルな感じを活かした味のある風合いに仕上がります。また、全て自然のものからできているので土に還る環境に対してローダメージな素材です。

↓

味がある、革の魅力

植物性タンニン鞣しの革は最初は少し固いですが、使い方に応じて馴染んで柔らかくなってきます。色もだんだん深い色合いになってきて、使い込んだ感じが出てくると、思わず愛着が湧いてしまいます。
買った時がベストな状態で後は劣化していくものが多い中で、長く使うことでその魅力が増す革製品のいいところを感じていただけます。

item-image
leather-title02

Duram Factoryでは商品に応じて、質感の違う革を使っています。
柔らかいものや弾力があるもの、やさしい質感のものや滑らかなものなど様々です。

  • smooth

    しっとりとした肌触り。使い込むほど艶がでて、味わい深くなります。非常に丈夫で、長く付き合える、経年変化が楽しみな革です。

  • buono

    使い始めから手になじむ、柔らかくオイリーな革。部分によってシボの入り方が違うため、様々な表情を楽しむことができます。

  • supple

    しなやかで優しい触感の革。薄くて軽いですが、しっかりと強度があり使いやすい革です。

ワイルドな革

植物性タンニンなめしは、革本来のナチュラルな質感を引き出します。
牛の個体差によって様々な表情が現れ、同じものは世界に一つとしてありません。
Duram Factoryでは下記のような自然な革の質感をうまく使った製品づくりを心がけています。
大量生産と対極にあるこの素材ならではのワイルドな風合いを是非お楽しみください。

wildleather-image01-01

シボ

柔らかい革に現れる、優しい手触りが魅力の部位です。特にBuonoに現れます。

wildleather-image02-01

革本来のキズあと

虫に刺されたあとや傷あとなどはこのように色が濃くなって現れます。

wildleather-image03-01

色の濃さの違い

牛の革は人工物と違い、均一ではありません。部位によって色の違いが現れます。

wildleather-image01-01

トラ

背中の部位を使った革に現れる縞模様。丈夫なので、この部位をあえて好まれる方も。