最初のメガネケース
こんにちは!オンラインショップ店長のタダシです。

年末の大掃除は2年ぶりということもあり、
社員一同、気合いを入れて取り組みました。

長年寝かせた押入れのガラクタの中から
妙な形のメガネケースを見つけたので社長に見せたところ、
「これ最初のやつやん」とのこと。
9年の時を経て、最初のメガネケース(試作品)を発掘しました!



今のものと並べて撮ってみると、
基本的な形はあまり変わっていない事が分かります。
試作品はホックがむき出しですが、
これはこれで可愛らしい気がします。

当時はカシメ打ちを持っていなかったとのことで、
手縫いで鼻当てが取り付けられていました。



コバ処理が甘かったり、縫い目が揃っていなかったり、
クオリティ面でツッコミ所も多いですが、
思い付いたものを早く形にしたいという
前のめりな初期衝動のようなものを感じ、グッときました。

メガネケースはドゥラムのロングセラーで、
こいつが無ければ会社の形も今とは少し違っていたかもしれません。

僕は眼鏡を掛けないし、せっかく日の目を見たので、
とりあえず飾っておこうと思います。




今日の工房の様子です。外は寒いですが天気が良く、土曜日ということもあり、まったりモードでした。