ナチュラルな革のブックカバー
全国的に梅雨が開けていく中、糸島は中々開ける気配がありません。 こんな日は雨の気分にぴったりなジメッとしたミステリー小説を読みあさるに限ります。Web担当のtadashiです。

麻糸のステッチがナチュラルな雰囲気の手縫いブックカバー。 今回はその使い方と機能を詳しくご紹介します。

IMG_4370

IMG_4377

右側にあるベロは栞の役割をします。短いので持ち運び中に栞が外れたりしないか不安に思われるかもしれませんが、紐でぐるっと固定するので大丈夫です。シカ革の先端には3色の革のビーズが付いています。革のボタンには”Handmade of DURAM FACTORY”と刻印されています。

IMG_4380

文庫本にぴったりなサイズで、分厚い文庫にも対応します。

IMG_4375

左側のフラップを織り込むことで厚さが様々な文庫でも調整できます。

いかがでしたでしょうか。このブックカバーも日本国内で加工された植物性タンニン鞣しの革を使っています。沢山の本の思い出と一緒に味わい深く育っていく素材です。読書好きの方へのプレゼントとしても、きっと喜んで頂けると思います。Online Storeでお取り扱い中です。詳しくは”こちら“。