頼りがいがあるカメラストラップ
近所に福岡うどん界の北の大物、資さんうどんが進出してきました。しかし、ここは糸島っ子のソウルフード、牧のうどんのお膝元。私の頭の中で、うどん戦争が勃発しています。

こんにちは。うどん大好き、Web担当のTadashiです。

Duram Factoryではタンニンレザーを使ったカメラストラップを制作しています。今回のその中でも一番がっしりした感じの、頼りがいのあるやつ。カメラストラップFをご紹介します。写真のモデルは、木の葉モール店に新しく入ったマサタカ氏にお願いしました!

レザーカメラストラップ

写真はカラーバリエーションの”Green”を使用しています。緑とブラウンの組み合わせが個性的なカラーです。

レザーカメラストラップで撮影

一眼レフによく似合う、大きな肩当て。裏面はピッグスエードを使って滑りにくくなっています。

レザーカメラストラップの手元

手元のミシンのステッチが強度を上げる為のものですが、デザインのアクセントになっています。接続部分のリングは革でカバーされており、大事なカメラが傷つくのを防ぎます。穴の形状によってはリングを取り外して直接ストラップを取り付ける場合もあります。

レザーカメラストラップのロゴ

肩紐にはDuramのロゴがしっかり刻印されています。

素材は主に日本国内で加工された植物性タンニン鞣しの革を使っています。使うほど味がでるカメラストラップ。革の風合いと一緒にカメラのテクニックも育つかも?!

Online Shopでもお取り扱い中です。詳しくは”こちら“。