櫻井神社へ初詣
新年、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

毎週楽しみにしていた軍師官兵衛が終わってしまい、ちょっと寂しいWeb担当の中川(兄)です。
糸島の工房の近所にある、森の中の神社、櫻井神社へ初詣に行ってまいりました。今年も大変賑わっていました。

実はこちらの神社、筑前福岡藩の第2代藩主の黒田忠之公、つまり官兵衛の孫によって建てられたという話を後から近所の方に教えていただきました。歴史がつながっている(?)のを感じ、感動しております。糸島周辺は古墳などの史跡が沢山あり、近所のこんもりした丘が実は古墳だったりします。歴史好きにはたまらない土地だと思います。

境内にある趣のある石段は櫻井大神宮へと続きます。

鳥居

石段を登り切ると木の鳥居があります。鳥居の形によって様々な意味があるそうです。この素朴な鳥居には一体どんな意味があるんだろう。

社殿

茅葺き屋根の社殿があり、いっそう静謐な雰囲気に包まれます。お参りする社長と奥さん。

木

帰り道、境内には見上げると首が痛くなるくらいの立派な巨木が。

今年も良い御縁に恵まれますように。