げっ!革に傷が!ベストな対処法

こんにちは!Web担当の中川(兄)です。

カバンから出す時につめで引っ掻いてしまったり、どうしてもこの手の傷は付いてしまうものです。この程度であれば擦れば目立たなくなりますが、一体どのように擦れば一番目立たなくなるのか実験してみました。上のペンケースは私が3年間愛用しているもの。この記事のために断腸の思いで自らひっかきました。でも大丈夫。ベストな対処法で元通りになるはず!

kizu_02

革の端切れに同じくらいの引っかき傷を付けました。今から4つの方法で対処していきます。

  • 指でひたすら擦る
  • 布でひたすら擦る
  • 馬毛ブラシでブラッシング
  • いきなりレザーオイルを塗る
どれが一番傷が目立たなくなるでしょう。私の予想はズバリ「布で擦る」です。

yubi-01

最初の端切れは指でひたすら擦りました。すると、10秒くらいで目立たなくなりました!しかし、傷の部分が若干色が濃くなり光沢が出てしまいました。

布-01

次は布で擦ります。こちらも10秒くらいで目立たなくなりました。しかし、画像では分かりにくいですが、角度によっては光沢が目立ちます。指の場合とほとんど同じ感じです。むむむ…

burashi-01

馬毛ブラシでブラッシング。前の2つのようにすぐには消えてくれません。目立たなくなるまで2分くらいブラッシングしました。しかし、前の2つに比べて変な光沢が出ません!光の反射の加減で傷の存在に気づくことはありますが、より自然に目立たなくなった感じです。

oil-01

いきなり指でレザーオイルを塗りました。傷がどんどんオイルを吸収していくのが分かります。嫌な予感がします。塗った直後は傷の部分の色が濃くなってしまいました。心を落ち着かせて半日近く置いてみます。出来上がったものが右の写真。結局、指や布と同じくらいに目立たなくなりました。

Untitled-1-01

4つを並べて比較してみました。それぞれ、しっかりと傷が目立たなくなっています。写真ではあまり違いが分かりにくいですが、傷のテカリ具合などそれぞれ微妙な違いが現れました。では順位発表!

  1. 馬毛ブラシでブラッシング:道具が必要で面倒くさいですが、自然な感じで傷が消えました!おめでとう!
  2. 指でひたすら擦る:手軽で簡単!しかしテカリます。
  3. 布でひたすら擦る:指と同じです。布はいりません。
  4. いきなりレザーオイルを塗る:乾かしてみると指や布と大差ありませんでした。
ブラッシングがダントツの1位。ちょっと手間ですが自然に目立たなくなりました。傷の具合にもよりますが、オイルを塗るときは先にブラッシングしましょう。ということで、私の傷ついたペンケースはブラッシングすることに決定。

kizu_12

すごい、全然目立たなくなりました!もはや、どこに傷があったのかも分からない!